ABOUT HIROZ

Hiroz
普段は、良き妻である Nana と2人で、 『 民間心身療養所 Lanika’aina (ラニカアイナ) 』 (川崎・溝の口)にて、今よりもっと幸せに過ごしたい、自分らしく生きていきたい、変わりたい、と思っている女性たち、ココロやカラダの不調をうったえている女性たちを、人にも環境にも優しいハワイイと日本の伝統的な療術でサポートしています。

そのかたわら、オリジナルアクセサリーを作成販売したり物書きをしたりしています。

アクセサリーは地球や環境にやさしく、役目を果たしたあとでもきちんと土に還る素材でつくっています。

物書きは、自分の大好きなこと、ハワイイや日常に役立つスピリチュアルなことをテーマにしています。
近いうちに、絵本や旅行紀などの本の出版を予定しています。

最近ではディジュリドゥという遠い昔からあるアボリジニの楽器をはじめました。
とてもシンプルなこの楽器は生命の根本にある何かを揺さぶってくれます。
(参照ブログ記事 https://alohahiroz.wordpress.com/2016/03/26/didgeridoo/
https://alohahiroz.wordpress.com/2016/12/12/didgeridoo-2/ )

ハワイイで、ロミロミを通していろんなことを学びました。
学んでいくとロミロミは単に「癒し」ではなく「生き方そのもの」だということを覚えます。
その根底にあるものそれは「ALOHA」
まだまだ若輩だけどこの「ALOHA」という生き方や在り方、を体現し続けていき、
自らが幸せに過ごすことで、より良い毎日を過ごすことを望む人たちへ、可能性を示していけたらいいと思い、
喜びと幸せ、そして愛がどんどん増え笑顔に包まれ、すべての生命が平和に過ごしていける世界を望み祈り毎日を過ごしています。

『 民間心身療養所 Lanika’aina (ラニカアイナ) 』 主宰 Lanika’aina ウェブサイト(http://www.lanikaaina.com/)
☆ ロミロミ プラクティショナー
☆ 直傳靈氣 療法師(実践者)
☆ タイ式マッサージ 術者
☆ アロハプラクティショナー
☆ オリジナルアクセサリークラフター
☆ 物書き

癒しの経歴
2007年 タイ・バンコクにてタイマッサージ 技術習得
      ( ワットポー )
2012年 東京にてレイキ 技術習得
      ( 直傳靈氣療法 )
2013年 ハワイ・ビッグアイランドにてロミロミ 技術習得
      ( クム アルバよりPa ola スタイル )
2014年 ハワイ・ビッグアイランドにてロミロミ アドバンス技術習得
      ( クム アルバよりPa ola スタイル )
2015年 ハワイ・ビッグアイランドにてロミロミ レベルアップ技術習得
      ( クム ポーマイカイよりPa ola スタイル )

HIROZ と癒し

僕にとって「癒し」と出会えたのは大きな変化でした。

僕は「癒し」を単なる不調改善やリラクゼーションにとどまらないものだと思っています。
思っているだけでなく実感しています。

自分だけでなく他の多くの人にとっても、癒しは「気分が良くなる」「体調が良くなる」だけじゃなくて
その人の人生の流れを大きく軌道修正してくれたものになります。

体はとても正直。
こころが言えない思いや言うのが難しい思いを体が、「症状」という形で表現してくれます。
だから癒しを受けるきっかけは、「気分が良くなる」「体調が良くなる」ためでいいと思っています。

「気分が良くなりたい」「体調が良くなりたい」と感じ始めたかたは、そのこころの奥で必ずといっていいほど
それ以外のなにか、それ以上のなにかを求めています。
人生をよりよく生きていくために
浮かび上がってきた疑問やもがきを解消するためだったり、自分を向上させるために変化することだったり、
探究心を満たすことだったり、自分の中に持っている「闇」だと思っている部分を変えたいだとか。

「癒し」は、それをどうにかしようと動きはじめるきっかけを与えてくれます。

しかしそのきっかけで動くか動かないかは、常に自分次第。
変われるか変われないかは自分次第です。
「癒し」はその勇気と行動力も持つきっかけまで与えてくれます。

その勇気をあらわすまで行動に移すまでには、たいてい時間がかかります。
決して諦めないこと。
それが大切です。
諦めなければ必ずできます。
出来たらそれを意識し続けること。
その先に自分のこたえが待っています。

僕の施す「癒し」が
受けたひとにとって「素晴らしい経験のひとつ」として残ることをとても嬉しく感じています。
さらにそのひとのたましいが
目を覚ましたり
望む方へ、目指す方へ意識を向けられるようになったり
「自分自身」であることをためらわずいられるようになる
そのきっかけや引き金になれば
こんなに嬉しいことはありません。

ALOHALIFEを始めたのは、
そのきっかけを多くのかたに持っていただきたいからです。

広告